北欧の旅 vol.22 オーレスンの町歩き ⑦

想像以上の眺望に感動していたら、お腹が空いてきました。。
朝早く移動して、ウロウロ歩き回って、さらに長―い階段を上ったり。
その間、食べたのはケーキのみ・・
ちゃんとした(!?)食事をしよう。。

アクスラ展望台には、オープンテラスのカフェがあります。
そのすぐ下にはレストランがあるので覗いてみたら、人気がない・・・
昼間は上のテラスのみの営業なのかも。

上のカフェに戻り、注文。
支払を済ませて(カード使用可)、オープンテラスに着席。
日陰の席だったので、心地よい風が吹いて気持ち良かったです。

オーダーしたお食事。
(ビールは先にきたので、若干減ってます。。)
f0005187_2344091.jpg

海老のスープ。
濃厚ですが、しつこくない。美味でした。
f0005187_235075.jpg

メイン・ディッシュ。3種類のお肉が楽しめました。
牛肉、豚肉、そして鯨の肉。
f0005187_2352162.jpg

さすが(!)北欧。それともノルウェーだから?
シンプルな味付けですが、とても美味しかったです。
でも、鯨のお肉。
他の国の方々にとっては「旅行の珍しい経験だわー」とチャレンジするのかな?

見た目以上にボリュームがあって、かなりの満腹。
エネルギー補給もできたので、また歩き出しました。

アクスラ展望台を下りて、とりあえずメインストリート方向へ。
オーレスンの犬。
不思議そうな顔してる?
f0005187_2371127.jpg

外壁が印象的な建物。
冬、雪の中で見ると、きっとまた違った雰囲気なのかも。
f0005187_237317.jpg

家具屋さんのショーウィンドー。
f0005187_2375049.jpg

通りの若干外れのほうにあったチャイニーズレストラン(たぶん)。
漢字がなんだか懐かしい。。
よく見ると、月桂冠が窓からのぞいている・・
f0005187_2381747.jpg

町の案内板。
てっぺんには船のマークがありますね。
f0005187_2383712.jpg

ちょっとした隙間にもデザイン。
さっきのランチのお皿にも、似たようなお花が描かれていたなあ。
オーレスンの町の花でしょうか?
f0005187_2385669.jpg

オーレスン版、二宮金次郎!?
f0005187_239166.jpg

宿泊ホテルの近くのショッピングセンターを一回り。
中にスーパーもあるので、飲み物やパン、ヨーグルトを購入。

ホテルの部屋からの眺め。
これで、夜9時頃。
なかなか日が沈まないオーレスンの一日でした。。
f0005187_2394520.jpg


・・・次の日は、フィヨルド2箇所目、ガイランゲル・フィヨルドへ。


*** To Be Continued ***
[PR]

# by luna-green | 2007-06-08 23:18 | 北欧の旅 旅日記  

北欧の旅 vol.21 オーレスンの町歩き ⑥

オーレスン博物館をあとにして、アクスラ展望台を目指して歩き出しました。
地図を見ながら、坂を上ったり下ったり。

Rica Parken Hotelの脇の階段を上っていくと、公園に到着。
天気が良くて暑かったので、木陰のひんやり感は気持ち良かったです。
f0005187_22552912.jpg

ふと見上げると、木々の間から見える空。
f0005187_22554842.jpg

この旅の間、よく空を眺めていました。
普段、空をじっくり見ることがないので、空の青さが目に沁みますね。

展望台への道を発見。
f0005187_22561278.jpg

階段を上っていてきます。
f0005187_22562910.jpg

途中で振り返ると・・・
f0005187_22564544.jpg

だいぶ上ってきました。
海もよく見えます。
f0005187_2257940.jpg

階段の下を覗くと・・・
f0005187_22572326.jpg

やっと、展望台に到着しました。
頂上からの景色は・・・絶景。
f0005187_2258591.jpg

オーレスンの町の全景。
こんな風になっていたんですね。
f0005187_22584083.jpg

この景色を見られただけでも、はるばるノルウェーの小さな町まで来た甲斐がありました。

*** To Be Continued ***
[PR]

# by luna-green | 2007-06-03 23:33 | 北欧の旅 旅日記  

北欧の旅 vol.20 オーレスンの町歩き ⑤

ホテルに戻り、無事にチェックイン。
フロントで預かってもらっていたスーツケースを引き取り、やっと部屋でゆっくりできました。

オーレスンでの宿泊先は、「 FIRST ATLATICA 」。
小さい町なのであまり選択肢はないのですが、快適に過ごせました。
部屋(シングルルーム)は小さめですが、コンパクトにまとまっていましたよ。
f0005187_1352279.jpg

お部屋掃除の担当者名が書かれたカードもありました。
責任の所在?(またはチップ(枕銭)の宛先?)が明確って事かな・・・?
ちょっとした難点は、二重カーテンではない(レースのカーテンがない)ことですね。
(・・・当たり前なの??)
一応防犯上、部屋にいるときはカーテンを全開にしないようにしました。。
ひとり旅だったので、気をつけるようにしています。

部屋の窓からは海が見えました。
ちなみに、道路の向こう側の屋根のあるところが、空港行きバスの乗り場です。
(空港→市内行きのバス到着場所とは別です。)
f0005187_136130.jpg

部屋でしばし休んで、ふたたびオーレスンの町歩きに出発しました。
午前中はどんより曇っていたのに、爽やかな快晴!
やっぱり晴れている方が、足の運びも軽い気がします。

午後3時までしか開館していない、オーレスン博物館へ。
早速、坂を上ります。。
f0005187_1362696.jpg

オーレスンは坂道の多い町ですね。
平坦な道は、メインストリートくらいかも?

オーレスン博物館に到着。
f0005187_1364439.jpg

案内板
f0005187_137260.jpg

入口のドアを開けて入ってみると、受付には人影なし・・・
けど、来訪者が来たらわかるようになっているらしく、上の階からお兄さんが降りてきました。
入場料を払うと、説明書きのファイルを渡されました。
やはりここでも「終わったら、ドアに掛っている箱にファイルを戻す」システム。

建物は、1階エントランスの近くに受付があり、その隣の部屋には年代物の家具などが展示されていました。
f0005187_137314.jpg

その隣の部屋は、よく日が差し込んで明るい。
ステンドガラスの窓。
f0005187_1374689.jpg

昔の暖房器具。
f0005187_138121.jpg

その隣の部屋に展示されていたのは、オーレスンの町の模型。
漁業の町としての発展と、1904年に起こった大火事などが説明されていました。

2階に上がるとまず目に入ったのは、昔使われていた写真撮影の機械。
なんとなく雰囲気は、現在の写真スタジオと変わらないかも?
f0005187_1382479.jpg

お次は、昔の美容院。
左の機械もパーマ用なのでしょうか??
昔は、パーマを掛けるのも命懸けだったのかも・・・?
f0005187_1384331.jpg

そして、昔の歯科治療台。
基本の配置は現在と変わらないように見えますね。どうでしょうか?
f0005187_139296.jpg

f0005187_1392330.jpg

レントゲン撮影用・・・でしょうか?
f0005187_139529.jpg

その隣には、潜水艦の模型が展示されていました。
さすが、港町。
f0005187_140843.jpg

また、地下の階には戦争当時の展示も。
興味深いものもあって、知らない歴史も垣間見た気がします。

ひと通り見終わったので外へ出ると、向かいあたりにも小さい建物がありました。
中に入ってみると、昔の雑貨屋さん。
「いらっしゃい」とお店の人が出てきそうなくらい、リアルな感じ。
f0005187_1403299.jpg

その脇にある、ちょっとした丘からの景色。
天気がいいので、すっきりと見渡せます。
f0005187_1404846.jpg

ぐるっと見回すと、小山を発見。
あれが、アクスラ展望台のようです。
f0005187_1411048.jpg

次はあそこへ行ってみよう。
また歩き始めました。


*** To Be Continued ***
[PR]

# by luna-green | 2007-05-25 01:44 | 北欧の旅 旅日記  

北欧の旅 vol.19 オーレスンの町歩き ④

オーレスン教会を出ると、町の中心地の方へ戻りました。
この辺りのメインストリートは比較的車の交通量があります。

まずは、キューブ博物館へ。
ここでは丁度、ノルウェーを巡回中の20代から40代までのアーティストの展示会が開催されていました。

展示物は、前衛的というか不思議なものがズラリ。
映像が映し出されている変形型のソファ。
f0005187_22454180.jpg

トマトやカイワレ?や玉ねぎなど野菜が蛍光灯の間に栽培されているダイニング・テーブル。
f0005187_2246094.jpg

ここから出して食べるのでしょうか・・?
究極の自給自足? なんともユニーク。
f0005187_22461449.jpg

部屋中に散りばめられた小さなオブジェ。
f0005187_22463723.jpg

そして地下には絵も展示されていました。
なぜかどれも暗い色使いの絵でした。寒い冬をイメージしているのかな。
この空間自体は天井から光が差し込み、のどかな気分になれました。
f0005187_22465728.jpg

その後、隣にあるアールヌーヴォー博物館へ。
ここは、昔、薬局だった建物をそのまま博物館に使っているそうです。
1階は受付とスーベニア・ショップ。
昔の姿がよく残っていて、なんだかタイムスリップしたような気分になります。

2階は、薬剤師一家が住んでいた頃のダイニングが保存されていました。
f0005187_22471899.jpg

ダイニング・ホールの壁紙は、日本から輸入されたものだそうです。
時間を越えて異国の地で出会えたのは、不思議な感じ。
f0005187_22473513.jpg

曲線が美しい階段。
f0005187_22474854.jpg

1階にはカフェもあります。
朝から歩き回ったので、ここでちょっと一休み。
なかなかレトロな雰囲気のあるカフェでした。
コーヒーとチョコレートケーキを注文。
ケーキの盛り付けも、チョコレートとベリーのソースがかかっていました。
ちょっとした一手間が嬉しいですよね。
f0005187_2248191.jpg

味も美味しくて、食べ応えのあるサイズ。スタッフもにこやか。
おすすめのカフェです。

外に出ると、もう12時過ぎ。
f0005187_22495248.jpg

そろそろチェックインができる頃なので、再びホテルへ戻りました。

*** To Be Continued ***
[PR]

# by luna-green | 2007-05-20 22:54 | 北欧の旅 旅日記  

北欧の旅 vol.18 オーレスンの町歩き ③

水産物博物館を出て、通りの向かいにある家。
窓辺の花も統一感がいい感じ。青い壁に映えますね。
f0005187_0404479.jpg

玄関脇にもお花。そしてオーレスンの猫。
f0005187_0412422.jpg

その隣にある建物が目に付いて覗いてみたら、ガラス工房でした。
f0005187_0414817.jpg

早速中へ入ってみると、左側にお店、右側は工房。
天井が高くてスッキリとした空間になっていました。
女性達数人でやっているようです。

「写真を撮っても良いですか?」と聞いたら、「どうぞ」と快く言ってくれました。
店内の様子。
f0005187_0421917.jpg

作品は女性らしい色や繊細な形のものがいろいろ。
でも、あんまり華奢なものだと無事に連れて帰れるか心配だし・・・

あれこれ迷った末、キャンドルホルダーを購入。
(・・・ちなみに↑写真の手前右の角にあるのです・・・)
ほんとは繊細なデザインのものもいいなあと思ったのですが、軽さ・コンパクトさ・頑丈さで選びました。
手作りなのでちょっと曲がっていたりするのですが、そこがまた味があって良いんですよね。

印象的だったのが、この作品。
なかなか面白いですよね。
f0005187_0434854.jpg

旅の思い出にオリジナルなものを買いたいなあと思っていたので、満足でした。
商売っ気があまりないらしく?、作品を見ていても全然しつこくないのも好印象。
職人気質なのか? それとも私が買いそうもない客に見えたのかも・・・?

お店の正確な名前がわからないのですが(^^ゞ)、オーレスンの水産物博物館のすぐ近くなので、行く予定の方は覗いてみるのも良いですよ。

さてさて次は、オーレスン教会へ。
もと来た道を少し戻り、坂道を下ります。
f0005187_045186.jpg

玄関脇の飾り。
やわらかいピンクの色が印象的でした。
魔除けかな?
f0005187_04522100.jpg

港町ならではの、壁の模様。
f0005187_0454017.jpg

メルヘンチックな家。
f0005187_046460.jpg

また坂道を上っていくと、オーレスン教会に到着。
f0005187_0462584.jpg

近くにある花壇。
f0005187_0464399.jpg

中に入ると、なんともいえない厳かな雰囲気。
やはり漁業の町なので、船の模型が飾られていました。
周囲には、船や海が描かれたステンドガラス。

大漁を祈り、海から無事に帰ってくることを祈る。
この町の人々の昔から受け継がれている思いが詰まっている気がしました。

こじんまりとして派手さはない。
けど、この町の人々の生活に根付いている。
そんなことを感じられる空間ですね。。。


まだまだ、オーレスンの散策は続きます。

*** To Be Continued ***
[PR]

# by luna-green | 2007-05-15 00:51 | 北欧の旅 旅日記  

北欧の旅 vol.17 オーレスンの町歩き ②

「とりあえず町半分のエリアを歩いてみよう」
荷物を置いて身軽になったので、早速オーレスンの町を歩き始めました。
市街地は小さいようなので、散歩をするにはちょうど良さそう。

坂道が多く、道の両脇をアールヌーヴォーな建物が並んでいます。
なんだか古い映画(のセット?)の中にいるような不思議な感覚。
f0005187_156545.jpg

お店のショーウィンドー。
f0005187_1562793.jpg

港町らしく、カンテラがずらり。
f0005187_1571290.jpg

画廊のショーウィンドーには、フィヨルドの絵がありました。
左下の絵のブルーの色が印象的。
f0005187_1572737.jpg

坂を上がったところで、分かれ道。どっち?
水産博物館に行こうかなと歩いていたので、右折してさらに坂を上っていきました。
f0005187_1575061.jpg

道なりに歩いていくと、そこそこ大き目のホテル(Scandic Hotel ?)がありました。
その脇を通過すると、海がすぐ目の前に。
f0005187_1581155.jpg

北国の海。曇り空がさらに哀愁を深めます。
f0005187_1582754.jpg

なんだかふと、「なぜ一人でこんな遠くまで来たのだろうか?どこへ向かおうとしているのか?」と物思いに耽ってしまいます。。。


・・・ん?? くんくん。
・・・さすが漁業の町。海の近くだとお魚のにおいがします。
そうだ、物思いに耽っている場合じゃない。水産物博物館へ行くんだった。
再び歩き始めました。

カーブしている道なりを歩いていくと、右側に水産物博物館を発見。
「あれ?道間違えたかな」と思うほど静かな場所にあります。
予想以上にこじんまりした佇まい。
f0005187_1585661.jpg

扉を開けて入ってみると、受付には誰もいませんでした。
「すみませーん」と呼ぶと、古風な衣装?を着た女性が出てきました。
入場料を支払うと、「英文の解説ペーパーがあるから」と説明されました。
クリアファイルの中から紙を取り出そうとすると、「配布していないので、ファイルごと持って回って、見終わったら返却してください。」とのこと。
合理的というか、あまり人がこないってことかな?
順路をたずねると、「どこからでもいいですよ」とかなりアバウト。。。

早速、中へ。
1階は、養殖技術の様子や干物製造過程などが、人形や写真パネルを使って説明してあります。
f0005187_1593951.jpg


わりと室内は広め。昔タラの加工工場だった建物とのこと。
f0005187_1595374.jpg

2階にあがると、広いスペースのようなところで、3人のスタッフらしき方がミーティング?をしていました。
中に入るか迷いましたが、壁には展示パネルがぐるっとあったので、静かに見学させてもらいました。

3階には、漁業の歴史を紹介したり、アーティストの絵が飾られていました。
f0005187_21385.jpg

f0005187_211925.jpg

水産物をよく食べる日本人には、見たことがあるようなものもあって、なんだか懐かしい感じかも。

博物館から見える港。
f0005187_215380.jpg

ここは開館している曜日や時間が限られているようなので、興味のある人は事前に要チェックしてください。

まだまだ、お散歩 in オーレスンは続きます。

*** To Be Continued ***
[PR]

# by luna-green | 2007-04-15 02:09 | 北欧の旅 旅日記  

北欧の旅 vol.16 オーレスンの町歩き ①

曇り空の中、オーレスン・ヴィグラ空港に、定刻通り8時50分に到着。
予想以上に小さい空港でした。
荷物引取りのターンテーブルも、回転寿司よりも短い!
荷物が出てきたと思ったら、すぐに中へ入ってしまう。。
回す意味がないかも・・?
すべてがプチサイズ。なんともカワイイ空港です。

ロビーに出るとすぐに出入り口が見つかり、外に出てみるとエアポートバスを発見。
f0005187_0463480.jpg

しかし、人が集まるのを待っていたのか、発車したのは30分後でした。
待っている間に市内まで行けたかも?
でも、急ぐ旅ではないのでまあいいかな。

車窓から見えるオーレスンの景色は、ベルゲンのものとは、また違ったものでした。
ベルゲンよりもさらに北にあるせいか、岩山が続き、寒さに強そうな植物が目立つような気がします。

長いトンネルをいくつか抜けると、町がみえてきました。
オーレスンは、小さい島が連なってできているようです。
空港から20分程でバスターミナルに到着。

宿泊ホテル(FIRST ATLANTICA)の場所を尋ねるために、すぐ近くにあるインフォメーションへ。
インフォの女性の方はとっても親切で、ゆっくり穏やかに説明してくれました。
なんだかそれだけでオーレスンの町が好きになってきました。(・・・単純?・・・)

スロープの道をあがり、横断歩道を渡ると、ショッピングセンター発見。
そこを通り抜けると、宿泊ホテルがありました。
しかし、時刻はまだ10時頃。「チェックインは12時から」とのこと。
荷物を預かってもらい、早速オーレスンの町歩きへ出発!


・・・その前に、そもそもオーレスンとはどんな町?

  ガイランゲル・フィヨルドへの拠点となる漁業と水産加工の町。
  1904年にわずか16時間で町のほとんどの家を焼き尽くす大火事があったため、
  歴史的な建造物は少ないが、その後、当時流行のアールヌーヴォーを取り入れた
  建物が次々と立ち並んだ。(ワールドガイド/北欧より引用)
  
  
f0005187_0523522.jpg

たしかにちょっと、造られた感じがする建物が多いかも。
でも、アールヌーヴォーな雰囲気は、こじんまりとした町並みに合っていますよ。
f0005187_053849.jpg

f0005187_0532423.jpg

なんだか絵本の中に入り込んだ気になりますね。


*** To Be Continued ***
[PR]

# by luna-green | 2007-04-03 00:56 | 北欧の旅 旅日記  

北欧の旅 vol.15 ベルゲンからオーレスンへ

ベルゲンからオーレスンへの移動日。
この前のようにギリギリになるのはコリゴリなので、朝4時45分に起床。
2日間お世話になったホテルを出発し、空港バスが発着するラディソンSASノルゲ・ホテル前のバス停へ向かいました。

バス停には6時ちょっとすぎに到着。
6時10分発のバスに乗る予定ですが、パラパラと他の乗客も集まっていました。

バスは早目に来て、ジャストの時間には出発。
バス停にはなるべく早目に来ていた方が良いかも。

30分ほどバスに揺られ、空港に到着。
一階でチェックインをし、無事に荷物も預けて身軽になりました。
エスカレーターで2階へあがり、セキュリティー・チェックも通過し、搭乗ゲートへ。
フライト出発時間は、8時10分。
搭乗ゲート番号は、まだ画面に表示されていませんでした。

やっぱり、時間に余裕があるっていいですよね~
コーヒーを購入し、ベンチでちょっと一休み。
すぐ近くに、飛行機のミニサイズが置いてありました。
子供(小学校低学年くらい?)が遊べる大きさ。
でも、結構リアルなミニチュアでしたよ。

しばらくすると、案内画面にゲート番号が表示されました。
搭乗ゲートは、27番。
27番ゲートと表示されている道なりを進んでいきました。
係りの人にチケット見せると、「ここではないので戻れ」と言われました。

なんで??
とりあえず戻るものの、画面を何度見ても「27番」と表示されている。
まだ時間があるので、「画面表示が変わるかも」としばらくベンチで待機。

7時40分頃。やっぱり画面表示では、「27番」のまま。
またさっきのゲートまで行ってみました。
さっきの係りの人が「国内線の27番ゲートは来た方向をずっと戻ったところにある」と説明してくれました。
そこは国際線の27番ゲートだったようです。
国内線にも国際線にも、同じ番号のゲートがあるんですね・・・知りませんでした。。

急いで来た道を戻ってみると、ありました! 国内線の搭乗ゲート27番。
でも、まだ搭乗手続きは始まっていませんでした。
やれやれ。。 
最初に「戻れ」と言われた時に、他の係りの人にも確認が必要でしたよね。。。
その時は、自分の英語があまりにも通じないので、ちょっと英語恐怖症?モードになっていたのかも。

8時。ようやく搭乗開始。
予想以上に、小さい飛行機でした。
しかも、ルートはベルゲン→オーレスン→トロンハイム。
つまり、オーレスンで「途中下車」なんですねー
飛行機で途中下車するのは初めてです。
降り忘れないように!

8時10分過ぎに出発。
窓際の席で天気も良いので、下界?が良く見えました。
f0005187_235193.jpg

フライト時間が短いですが、ドリンクサービスもあり。
紅茶を飲みながら、のんびり朝の空を楽しみました。
f0005187_2355713.jpg

ほどなく、オーレスン上空へ。
f0005187_2362774.jpg

f0005187_2364799.jpg

曇り空ですが、空港周辺が見えてきました。



*** To Be Continued ***
[PR]

# by luna-green | 2007-03-11 23:09 | 北欧の旅 旅日記  

北欧の旅 vol.14 ベルゲンへの帰路

ミュールダールから電車で、一路ベルゲンへ戻ります。
ベストシーズンだったので、指定席をあらかじめ予約しておきました。
この電車は、キッズ・スペースやスーツケース置き場もあります。
なかなか快適。

進行方向に向かって左側の窓側の席。
本日のメインイベントも終わり、静かに車窓を眺めていました。
(写真にカメラが写りこんで、お見苦しくってスミマセン・・・)
f0005187_20551686.jpg

石や砂が削られ、崩れた岩肌が剥き出しになっている岩山。
その裾野の方は緑が生い茂っている。

カラフルな家々が点在している村。
村の間を縫うように、流れの速い川が流れている。
静かに、何百年も、変わらない風景が刻まれているよう。。


ぼんやり列車に揺られているうちに、列車は終点ベルゲン駅に到着。
朝出発したばかりなのに、なんだか懐かしくて「ただいまー」という気持ち。
不思議です。

「やれやれ着いたぞ~」というのも、正直な気持ち。
乗り物乗り放題の一日に、ちょっとお疲れかも・・
でも、まだまだ外は明るいので、ベルゲン駅近くのショッピングセンターへ。

今朝、列車の発車まで時間があったので、下見をしていました。
(以下、センター内の写真は朝(開店時間前)撮ったものです。)

ベルゲン駅のすぐ近くにバスセンターがあり、同じ建物がショッピングセンターになっています。
開店時間は、9時から20時まで。(土日は18時まで?)
ちなみに開店時間前でも、キオスクは開いてました。

センターの中心
f0005187_2056332.jpg

エスカレーターの注意書き。
足跡マークに足を乗せたくなる!?
f0005187_20561932.jpg

お花屋さんの店先。
長期滞在なら、鉢植えを買って部屋に飾るのも良いかも。
f0005187_20563155.jpg

センター内のスーパーマーケットへ。
そんなに広くはないですが、テンション上昇。
旅行先での楽しみの一つが、現地のスーパーに行くことなんですよね。

日本に比べて、乳製品が豊富なような気がしました。
乳飲料、ヨーグルト、チーズ(・・・乳製品取りすぎ??)や果物を購入。

まだノルウェーの旅は続くので、キャッシュは残しておきたい。
なので、クレジットカード払いに。
しかし、なぜかレジで読み取り不可。。
回りのお客さんも「おかしいわよ。もう1回やってみて」とレジ係りの人に掛け合ってくれましたが、だめでした・・・
(後日別の場所では、そのカードは使えました。レジ機械の不具合or操作ミスが原因だったのかも・・)

センターの2階には、インテリア雑貨のお店などもありました。
なんだか旅行に来ている感覚というよりも、休日にお買い物に来ている気分。
「そういえばノルウェーにいるんだった・・・」とふと我に返ったり・・

その後、パン屋さんで焼きたてパンと、ファーストフード店でポテトを購入。
ファーストフード、北欧はやっぱり高いですね。
しかも、あまり「FAST」ではないかも。
店員さんは頑張って早くしているみたいだったので、他のお客さんと一緒にじーっと見守っていました。。。

ホテルに戻ったのが、午後7時前。
ノルウェーのテレビ番組を見ながら夕食をすませ、10時半頃には就寝。


次の日は、オーレスンへ移動です。


*** To Be Continued ***
[PR]

# by luna-green | 2007-03-04 21:06 | 北欧の旅 旅日記  

クラッシュ

ポール・ハギス監督・脚本の映画。
映画公開時も話題になっていましたが、最近やっとDVDで鑑賞しました。

ポール・ハギスは、「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本でアカデミー・ノミネート。
この作品で、2005年のアカデミー脚本賞を受賞。

テーマを一言でいうと、「アメリカ社会の人種間闘争(?)」。
日常生活にあふれているけど口に出せないタブーを、「ぶっちゃけ」ている感じでしょうか。


*** (以下、ネタバレあるかもです) ***



登場人物達の多くは、この争いに毎日イライラしている。
現実に問題が起こったり、被害妄想に陥ったり。
すごい勢いで怒鳴ったり、喚いている。

なんであんなにヒステリックになるのだろう?
もう少し冷静になっていれば、状況は悪くなっていなかったはず。。

・・たぶん、「不安」だからイライラしたり、ヒステリーになるのかも。
「不安」が「不安」を呼んでしまう。


「人種差別だ」と被害妄想になって、攻撃的になるのも悲しいこと。
と同時に、バックグラウンドの一つである「人種」を卑屈に感じることも哀しいこと。

難しいですね・・
この「アメリカ社会」の外にいる私には、登場人物達を非難することはできない。


この映画では、人種差別的な発言をする人を、ただの悪人として描いてはいない。
一人の人間の中に、いろんな顔がある。善悪だけでは割り切れない。
それが、問題の複雑さでもあるし、なんだか切なくなってしまう理由かも。


ポール・ハギスは、「父親たちの星条旗」の脚本も担当。
戦争映画は苦手だけど、観てみようかな。

(2004年 アメリカ)
[PR]

# by luna-green | 2007-02-18 23:39 | movie